お役立ち情報

麒麟がくるの衣装がカラフルで派手?極彩色の理由やデザイナー黒沢和子の経歴は?

1月19日放送がスタートした大河ドラマ『麒麟がくる』

開始前には主要キャストである女優の沢尻エリカさんが、
薬物問題で逮捕されるなどゴタゴタもありました。

 

撮り直しの影響で通常よりも遅いスタートとなったのですが、
放送開始と同時に

  • 「衣装が原色で派手」
  • 「目がチカチカする」

などと、マイナス面がネットで話題になりました。

 

そこで今回は、麒麟が来るの衣装について調べてみました。

 

スポンサーリンク

麒麟が来るとは?

麒麟が来る公式サイト

王が仁のある政治を行う時に必ず現れるという聖なる獣、麒麟。
応仁の乱後の荒廃した世を立て直し、民を飢えや戦乱の苦しみから解放してくれるのは、誰なのか……
そして、麒麟はいつ、来るのか?
若きころ、下剋上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として勇猛果敢に戦場をかけぬけ、その教えを胸に、やがて織田信長の盟友となり、多くの群雄と天下をめぐって争う智将・明智光秀。
「麒麟がくる」では謎めいた光秀の前半生に光を当て、彼の生涯を中心に、戦国の英傑たちの運命の行く末を描きます。
従来の価値観が崩壊し、新たな道を模索する現代の多くの日本人に向けて、同じように未来が見えなかった16世紀の混迷の中で、懸命に希望の光を追い求めた光秀と数多くの英傑たちの青春の志を、エネルギッシュな群像劇として描き、2020年、新たな時代を迎えるすべての日本人に希望と勇気の物語をお届けします。
明智光秀とはいったい何者なのか?
麒麟は一体、どの英雄の頭上に現れるのか……

引用:「麒麟が来る」公式サイト

 

麒麟が来るの衣装が派手?

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」(主演長谷川博己)が19日、スタートした。極彩色の世界観に、
ネット上では「明るくていい」「目がチカチカする」など賛否が寄せられた。

主人公の明智光秀は青や緑、斎藤義龍(伊藤英明)は赤など登場人物は原色の衣装に身を包み、
農民たちの衣装も色とりどりでカラフル。

ネット上では、オープニング直後から
「画面の彩度がすごい」「農民まで7色でカラフル」「テレビが壊れたかと思った」「アプリで無理やり彩度上げた感じ」
などとツイートがあふれ、「カラフル」が急上昇ワードに躍り出る場面もあった。

https://www.nikkansports.com/

 

 

確かにこれらの投稿を見てみると、とても色鮮やかなことが分かりますね。
特に目を引くのは草の緑色です。

 

室内などの暗めのシーンから、外のシーンが画面が変わったりすると、
ちょっと目がチカチカしてしまうというのも納得できます。

 

それと、武士の衣装が派手なのはまだ分かりますが、
他の人も疑問に思っているように、農民の衣装まで派手なのはどうなんでしょうか?

 

大河ドラマというと史実を綿密に調査し、
それに基づいて制作しているイメージがあったのですが・・・

 

スポンサーリンク

麒麟が来るの衣装がカラフルで派手な理由は?

戦国時代の設定なのに「衣装が派手だ」と話題になっていますが、
当時の人たちは本当にドラマのようなカラフルな衣装を着ていたのでしょうか?

 

調べてみるとこのようなコメントがありました。

当時の様子を描いたものですね。
これを見ると確かに赤や緑などの着物が見えます。

 

そしてこちらは伊達政宗が着ていた着物。
生地の色もそうですし、模様もスゴク派手ですね。

 

そして番組プロデューサーも次のようにコメントしていました。

「庶民も含め、いつ死ぬか分からない時代なので、町なかが平穏な時はそういった(カラフルな)衣装を着ている
 という時代考証に基づいて演出している」

 

戦国時代といえば、数々の武将が覇権をかけて争った群雄割拠の時代ですね。
いつ戦があってもおかしくない、そして農民であっても戦に巻き込まれたり、
兵として加わることもあったでしょうから、いつ命を落とすか分からない。

 

そうであれば普段はカラフルな衣装を着るという考えも理解できますね。

 

麒麟が来るの衣装デザイナー・黒沢和子の経歴は?

派手な衣装が話題になっている麒麟が来るですが、
あのカラフルな衣装にしたデザイナーは誰なのか調べてみました。

 

麒麟が来るの衣装を担当しているのは、黒沢和子さんという人物。
驚くことに「世界の黒沢」こと黒沢明監督の娘さんでした。

 

名前:黒沢和子(くろさわ かずこ)

生年月日:1954年4月29日

職業:映画衣裳デザイナー、エッセイスト

 

成城学園高等学校中退後にサン・デザイン研究所、伊藤衣服研究所デザイン課卒業。
そしてイタリアに渡りデザイン会社を設立します。

 

しかし、母親が亡くなったことをきっかけに黒澤プロダクションへ。
父親である黒沢監督の秘書的な仕事に就きます。

 

1988年に映画界に入り、黒澤組の衣裳担当するように。
2019年には「万引き家族」の衣装デザインで芸術選奨文部科学大臣賞(映画部門)受賞しています。

 

主な作品として

  • アウトレイジ ビヨンド
  • そして父になる
  • 西郷どん
  • マスカレード・ホテル

などで衣装デザインを担当しています。

 

まとめ

今回は大河ドラマ「麒麟が来る」の衣装について調べてみました。

 

放送開始後からネット上では「派手だ」「カラフル過ぎる」といった
マイナスのコメントがたくさんあったようです。

 

しかし実際は、明日をも知れない時代背景から
庶民であっても派手な服装をしていたという時代考証からでした。

 

目がチカチカするという意見については、
「麒麟が来る」は大河ドラマで初の4K収録だったことから、
彩度がこれまでよりも上がったのが原因のようです。

 

どうしても見辛い場合にはテレビの設定を変えてみるといいかも。

 

スポンサーリンク

 

 

-お役立ち情報

Copyright© ブレイクタイムナビ , 2020 All Rights Reserved.