事件・事故

桃田賢斗の会見の記者は誰?事故でラッキーな部分は?と酷い質問に非難殺到!

3月6日にバドミントン男子シングルスの桃田賢斗選手が、
復帰の記者会見を開きました。

 

桃田賢斗選手は今年1月に遠征先のマレーシアで交通事故に遭っていますが、
その事故についてとても酷い質問をした記者がいます。

 

ネット上ではこの記者に対して避難が殺到、
この失礼な質問をした記者は、いったいどこの会社の誰なんでしょう?

 

スポンサーリンク

桃田賢斗選手の会見で酷い質問が!

バドミントン男子シングルスの桃田賢斗選手(25)が3月6日、記者会見を開いた。
そこでの記者の質問に、非難が殺到している。

世界ランキング1位で2020年東京オリンピック出場確実とも言われていた桃田選手だが、
今年1月に遠征先のマレーシアで交通事故に遭った。
桃田選手やコーチらが乗ったワゴン車が、空港に向かう途中の高速道路でトラックに追突。
ワゴン車の運転手が死亡し、桃田選手らは負傷したのだった。

各メディアによると帰国後に練習を再開したものの、「シャトルが二重に見える」といった違和感が残った桃田選手。
そして右目に眼窩底骨折が判明し、2月8日に手術を受けた。
全治3カ月と診断されたが、29日から復帰。
まだ試合に参加できる状態ではないが、快方に向かっているという。

桃田選手は会見で、今後について
「まずは目の前のことをひとつひとつ全力で取り組みたいが、今回の経験をして色んな方にサポートしてもらった」
と振り返った。
続けて「東京オリンピックは今まで延長線上にある大会だと思っていたが、
今は本気で金メダル狙っていきたい」と意気込みを見せた。

そんななか、事故について
「アンラッキーに感じる部分と、生きることができてラッキーに感じる部分についてどのように受け止めましたか?」
と出席していた記者が質問した。

桃田選手は「亡くなった方がいらっしゃるので、ラッキーと思ったことは一度もなかったです」と返答。
続けて「起きてしまったことは引きずっても仕方がないので、自分のためだけでなくバトミントン界において
良い影響を与えられるような選手になりたいです」と落ち着いてコメントした。

だがこの質問について、ネットでは非難の声が殺到している。

https://headlines.yahoo.co.jp/

 

桃田賢斗選手の会見で酷い質問をした記者は誰?

桃田選手に本当に失礼な質問をしていることが分かりましたが、
いったい誰なんでしょうか?

桃田賢斗選手の会見の動画があったので、確認してみましょう。

問題のシーンは36:10あたりです。

 

フジテレビの佐々木と申します。

事故のことになってしまうんですけれども、まあ、事故があった時に、
何でこんな時期にっていうアンラッキーに感じる部分と、生きることができたっていうラッキーに感じる部分と、
僕らも受けとめ方は複雑な思いがあったんですけども、ご本人は今回の事故に関して、
ラッキー・アンラッキーの部分でどのような受けとめ方をされてのかな、という。

スポンサーリンク

 

桃田賢斗選手の会見で「ラッキーな部分」という失礼な質問をした記者は

フジテレビの佐々木という人物のようです。

 

何でこんな質問をするのでしょうか?
事故に遭って、ラッキーとかアンラッキーとか聞く必要があるんでしょうか。

 

事故で右目に眼窩底骨折しているわけですから、
ラッキーなことなんて一つもないでしょう。
オリンピックを控えている年にですよ!

 

しかもこの事故では、運転手の方が亡くなっています。
その事故のことでそもそもラッキーなんて言葉を使うのがおかしいです。

 

ネットの反応

 

スポンサーリンク

 

 

 

-事件・事故

Copyright© ブレイクタイムナビ , 2020 All Rights Reserved.