お役立ち情報

チチガの原因や対策は?胸がワキガの匂いになりやすい人は?

 

汗を多くかく季節は匂いが気になりますよね。
温かくなれば露出の多い服を着て、オシャレすることも増えます。

 

しかし体臭というのは自分ではなかなか気付けないものです。
加齢臭がする男性も自分では分からず、パートナーから指摘されたことで
「臭うんだ」と認識するなんてことも。

 

そんな気になる匂いに関してですが、
ワキガならぬチチガという症状があるのをご存知ですか?

脇から臭いがするのではなく、胸が臭ってしまうそうです。

 

あまり聞き馴染みのないチチガという言葉。
今回はその原因や対策について調べてみました。

 

スポンサーリンク

チチガとは?原因は何?

まず、チチガというのはどんな症状なんでしょうか?

チチガとは

乳首や乳輪の周辺からワキガと同じような臭いがする症状のこと
「乳首ワキガ」「乳輪ワキガ」などと呼ばれます。

 

ワキガの臭いは、汗臭さとは違う独特の臭いを発し、
汗を出す組織である汗腺の多さが原因です。

このワキガのような臭いが、胸からするのがチチガなんですね。

 

汗腺には「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」の2種類があります。

  • エクリン汗腺
    体温を下げるために利用されるもので、主に水分を出します。
  • アポクリン汗腺
    脂肪やたんぱく質を出します。
    元々は性的ホルモンを出す芳香腺の機能がありましたが、
    人間の場合はほとんどの人が退化しています。

 

アポクリン汗腺から出る脂肪やたんぱく質を雑菌が分解することで、
あの強烈な臭いが発生しワキガ臭になります。
ワキガの原因はアポクリン汗腺の多さによるものなんですね。

 

アポクリン汗腺はワキの下以外にも、乳首や乳輪、陰部、肛門周り、
耳の中などに多くあります。

 

胸にあるアポクリン汗腺が「チチガ」の原因ということになります。

 

チチガになりやすい人は?

チチガの原因はアポクリン汗腺の多さということは分かりましたが、
症状が出やすい人というのはいるのでしょうか?

 

もしワキガの症状があるという人は、アポクリン汗腺が多いということなので、
胸にも同じような臭いが出ている可能性があります。

 

ということで、ワキガだという人はチチガも疑われます。
そして、乳輪の毛が濃い人もチチガであるケースがあるようです。

 

症状を自分でチェックする方法として、
下着の臭いを嗅いで判断することも出来ますが、
自分の臭いというものは自分では気付きにくいですね。

 

気になる方は家族やパートナーに頼んだ方がいいかもしれません。
また、アポクリン汗腺の汗は色が濃い場合があるので
下着が黄ばむこともあるようですが、絶対というわけではありません。

 

他にも、チチガになりやすい人の傾向として
ホルモンバランスの変化が挙げられます。

 

出産後のホルモンバランスの崩れや、更年期などに臭いが強くなるケースが多いそう。
また、遺伝することもあるので家族にワキガの人がいる場合は、
注意した方がいいですね。

 

それと、チチガはアポクリン汗腺の多さによるものなので、
女性特有の症状ではなく、男性にも起こるものです。

 

チチガの対策は?

もしチチガになってしまったら、どのような対策や治療法があるのでしょう。

 

チチガは体質による症状なので、治療するしか治る方法はないとのこと。
しかし、アポクリン汗腺からの分泌物を雑菌が分解することで臭いが発生するので
清潔にしておくことで対策できるようです。

 

そのためには、汗をかいたらそのままにせず、
乳首や乳輪などをタオルやガーゼでこまめに拭くことが大切です。

 

市販のワキガ薬を塗るという方法もありますが、
胸などデリケートな部分には刺激が強すぎるので、止めておきましょう。

 

薬を塗ったとしても、汗をかいたりシャワーを浴びると流れてしまい
効果がなくなるのでおすすめできません。

 

授乳時のチチガ対策は?

出産後のホルモンバランスの崩れにより
チチガになるケースもあるということを紹介しました。

 

しかし授乳中にチチガになったとしても、デオドラントクリームなどを塗り、
臭い対策するわけにはいきませんよね。

 

そんな時、胸を清潔にするのに役に立つのが、
出産時に病院でもらった「お産セット」なんだそうです。

 

お産セットには「清浄綿」というコットンが入っていて、
医療用の脱脂綿に薄い消毒液を染み込ませたもの。

これで授乳前に胸を拭くことで、キレイにすることができます。

 

一つずつ梱包されているので清潔な状態を保て、
赤ちゃんに影響のない程度の微量の消毒液で胸を殺菌することができます。

 

足りなくなった場合は、出産した病院やベビー洋品店、
ドラッグストアなどでも購入することが可能です。

 

チチガの治療法は?

対策ではなく、根本的に治したいという方には
病院でビューホットによる治療ができるようです。

 

ビューホットとは高周波を照射する医療機器で、
アポクリン汗腺やエクリン汗腺を破壊し、汗腺そのものをなくす治療。

 

ワキガのように皮下組織を切除せずに行えるので、
すぐに通常の生活を送ることができるそうです。

 

まとめ

今回は「チチガ」について紹介してきました。

 

最近ではスメルハラスメントなどの言葉があるように、
体臭について厳しい社会になっています。

 

汗を多くかく季節には、臭いも気になってきます。
こまめに汗を拭き清潔にしてしておきましょう。

 

しかし、ワキガやチチガというのは病気ではありません。
体質による症状なので、あまり深刻になりすぎるのは良くないと思います。

 

 

-お役立ち情報

Copyright© ブレイクタイムナビ , 2020 All Rights Reserved.